コンプライアンス基礎知識と就業規則との関係

企業コンプライアンスにお悩みならご相談ください|TOP > コンプライアンス基礎知識と就業規則との関係

コンプライアンスとは

コンプライアンスとはコンプライアンス(Compliance)」とは、そもそも「法令の遵守」を意味する言葉です。
ただし特に企業活動において使用される「ビジネスコンプライアンス」は、単純に法律や規則を守ることだけを指すのではなく、社会的規範や企業倫理を守ることまで含まれているのです。

法令に違反した場合、当然ながら損害賠償訴訟や企業の信用失墜につながり、最終的には企業そのものの存続にも大きな影響を及ぼします。 近年、企業による「セクハラ・パワハラ」「情報漏洩」「サービス残業」といった不祥事が相次いでいることは、日本企業のコンプライアンスに対する認識の甘さを浮き彫りにしたと言えるでしょう。

現在の企業にとってコンプライアンスを意識した運営を行なうことは、消費者や取引先、株主の信頼を得るために非常に重要なことなのです。


コンプライアンスと就業規則

コンプライアンスと就業規則 常時10人以上の従業員が勤務している企業である場合、労働基準法に則った就業規則を作成することが法的に義務付けられます。 つまり、この条件に当てはまる企業にとっては、労働法令に従った就業規則を作成することそのものが「コンプライアンス」であると言えるのです。


・法改正への対応
労働関係の法令は頻繁に改正が行なわれるため、企業の就業規則も改正に応じて対応させなければなりません。
この対応を的確に行なうことによって、経営者は法改正による企業の制度の変化や従業員の役割などを正確に示すことができるようになります。

・遵守義務・努力義務
法令には、企業が遵守しなければならない「遵守義務」と、努力して取り組む「努力義務」があります。
遵守義務の中には、反した場合に罰則が科されるものもあり、たとえ罰則がないものであっても反すれば行政措置が取られることもあるのです。 対して「努力義務」の場合、特に罰則などがあるわけではありませんが、法の改正によって、最初は努力義務だったものが遵守義務に変わることもあります。
そういう意味でも無視することはできません。

コンプライアンス違反と就業規則不備によるトラブル事例

コンプライアンス違反と就業規則の不備によって起こってしまったトラブルの事例をご紹介します。
このような事態を未然に防ぐためにも、コンプライアンス就業規則に関する知識を深めましょう。


あなたの会社も危ない?就業規則自己診断シート

あなたの会社の就業規則に不備はありませんか?
就業規則に関する自己診断シートで、チェックしてみましょう!


企業コンプライアンスのための就業規則作成・診断・改定・顧問業務等お任せ下さい。サービス概要と料金表はこちら

お問い合わせはコチラ

PAGE TOP


【運営】大澤労務管理事務所
住所:〒355-0344 埼玉県比企郡ときがわ町日影866-1
TEL:0493-65-1364 FAX:0493-65-4615