情報漏洩防止のための就業規則

企業コンプライアンスにお悩みならご相談ください|TOP > 目的別就業規則 > 情報漏洩防止のための就業規則

情報の重要性が増した現代

情報の重要性が増した現代 インターネットが多くの家庭に普及し、「情報化社会」という言葉で表現されるようになった現代。
インターネットを介して多くの情報を得られるようになった反面、ファイル共有ソフトなどによる個人情報や企業機密の漏洩などが問題となっています。 また、電子メールの普及によってメールアドレスの不正売買が行なわれるようになるなど、犯罪も多様化しているのが現状です。


個人情報の保護

そんな中、個人情報を守るために2005年に「個人情報保護法」が施行されました。 しかし、上記のようなトラブルはここ数年の急激な変化によって急増したものであり、就業規則で規程されていない企業がほとんどです。 従来の就業規則を使用していては対処できないことも多いため、情報漏洩を防止するための就業規則を新たに作成する必要があります。

情報漏洩防止のための就業規則

情報漏洩防止のための就業規則 近年多くの企業において重大な問題となっている情報漏洩。
就業規則として定めるだけでなく、それ以前にファイアウォールなどのネットワーク環境の整備や会社への入退管理、機密情報へのアクセス管理など、物理的・技術的対策は欠かせません。
その他、以下のような就業規則を定めておく必要があります。


情報機器の使用規程
  • ファイル共有ソフトの使用の禁止
  • 家庭のパソコンへのデータの持ち出しの禁止・制限
  • 私用メールの禁止・制限
  • 不要ソフトのダウンロードの禁止・制限
  • パソコン・携帯電話の紛失に伴う規程
  • 上記に伴う制裁規程など
守秘義務に関する規程

在職中の従業員は、企業秩序遵守義務を負っているため守秘義務があります。 しかし、退職後に関してまで規制するのは困難であり、退職後にこそそうした問題は起こりがちです。
そのため、事前に秘密保持契約を取って損害賠償などについても定めておく必要があるのです。

就業規則に規程がなければ従業員の責任を問うことはできないため、規程はしっかりと定めておきましょう。

企業コンプライアンスのための就業規則作成・診断・改定・顧問業務等お任せ下さい。サービス概要と料金表はこちら

お問い合わせはコチラ

PAGE TOP


【運営】大澤労務管理事務所
住所:〒355-0344 埼玉県比企郡ときがわ町日影866-1
TEL:0493-65-1364 FAX:0493-65-4615